メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

ペット  ライフスタイル  建築  間取り  

犬猫と暮らす、職住が心地よくつながった見通しのよい家

犬猫と暮らす、職住が心地よくつながった見通しのよい家田んぼに囲まれた見晴らしのよい敷地に建つ、ガルバリウム外壁の細長い一軒家。ドッグサロンを営むオーナーの住まいと仕事場を兼ねたこの家では、お客様を迎えるドッグサロン側のパブリックスペースと、庭に面したプライベートスペースが、中央に位置するバスルームとトイレを境として、スムーズにつながっています。

その上にちょこんとのっかった形の、細長いロフトスペースは、お嬢さんが使っている子ども部屋。ここからは、LDKの様子もドッグサロンの様子も、そして通りを隔てたオーナーのご実家も眺められる見晴らしのよさ。限られた空間を最大限に利用し、オーナーもお嬢さんも、そしてペットも快適に過ごせる工夫がいっぱいです。

壁はシンプルな白いクロス貼り、天井はプライウッド、床はコンクリートの土間。ドアや扉は最小限にしてできるだけオープンに。収納やプライベートスペースは白いカーテンで目隠し。生活スタイルに合わせた間取りを熟慮し、住みやすさを重視しながらコストダウンも実現した、賢い素材選びとレイアウトです。

 

続きはこちら -houzz-