メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

ライフスタイル  仕事  建築  

【リレーコラム】建築士として働けなかったという悔しさ

【リレーコラム】建築士として働けなかったという悔しさこんにちは、みえスマの代表・川北睦子です。

昨日開催されたワーク・ライフバランスコンサルタント養成講座第28期@東京に参加してきました。

WEBコンサルタントが本業で、NPO法人としては住まいの相談を受けている私が、なぜ?なのですが…。参加を決めた理由は、株式会社ワーク・ライフバランスの小室さんのお話を聞いて、何かを感じたから。

でもね、講座やセミナーが苦手な私。それも、養成講座・・・なんて、なぜだろう?と自分でも思っていたのです。でもね、「きっと行けばわかるはず」と行ったのですが、やはり慣れないこと・・・異常に疲れたようで、帰りの新幹線も意識を失い夜も意識なく、ありえないほど寝続けました(汗)。

何でもそうなのですが、選択は「直感」で決め、それを選択した理由は、その後気づくというのがいつものパターン。そして、今回の気づきは、いままでなく大きかったことに気づきました。これまで、やってきたことが一つの線で・・・

1999年にインターネット人出会い、WEB業界に転身。でも、2002年から家づくり支援は続け、NPO法人まで設立。そして、ブランド&WEB戦略コンサルティング会社として法人化。その人独特な行動の背景には「原体験」があります。

コンサルティングの時、クライアントのそれをいつもヒアリングしますし、日常でも、つい、「独自性」を感じると、その人のそれを探のが癖になっています。

ですが、自分もそれがあったとは、気づいていませんでした。それが、今回で認識できたのです。

私は設計の仕事がしたかったのにできなかった。それが本当は心の底から悔しかったんだと。

 

続きはこちら -みえスマ.-