メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建材と工法  建築  

外壁の種類(湿式工法、乾式工法の違い)

外壁の種類(湿式工法、乾式工法の違い)建物の外観イメージに大きく影響する外壁材は文字通り外壁を覆う素材です。

雨や風に強い耐候性や耐水性、外部の騒音を防ぐ遮音性、延焼から住まいを守る耐火性、紫外線の影響を軽減し、住まいを長持ちさせる耐久性など、様々な性能が求められます。

また、外壁は家のデザインやイメージ、印象などに大きな影響を与えますので、それらを考慮して外壁材を選びたいものです。

外壁には種類がたくさんあります。施工方法によっても湿式工法と乾式工法の2種類に分けられ、その中でも素材によって様々に分かれていますので、どのような種類や素材があるのかを順番に見ていきましょう。

 

続きはこちら -nanapi-