メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

トラブル  建材と工法  建築  

標高1080m、ガラス張りの空中遊歩道に亀裂 中国

標高1080m、ガラス張りの空中遊歩道に亀裂 中国【AFP=時事】中国・河南(Henan)省の渓谷の上の標高1080メートルの位置に作られた「ガラスの橋」に亀裂が入り、スリルを求めて訪れていた人々は予想を超える恐怖を味わった。

国営ニュースサイトの中国網(China Net)は6日、ガラス張りの「空中遊歩道」にできた小さな亀裂を捉えた画像を掲載した。

この橋は、河南省の雲台(Yuntai)山の周囲に作られたもので、2週間前にオープンしたばかり。ソーシャルメディアでこの画像が拡散し、この遊歩道の安全性に対する懸念が高まった。

ある女性は6日の中国網で、「(空中遊歩道を)渡りきろうとしていた時、突然、大きな音がして、足元が揺れた」と語った。同サイトは亀裂について「冬の窓についた霜」のようだったと表現。亀裂の原因はステンレスのコップが床面に落ちたこととみられるという。

公園関係者は「安全性に影響はない」と語っている。ガラスは3層構造で、1平方メートルあたり800キログラムの重さまで耐えられる仕様だという。事故は大勢の中国人が観光地を訪れる大型連休中に起きた。

 

続きはこちら -Yahooニュース-