メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建材と工法  建築  建築会社  

濁流を耐えた「白い家」に見る、災害に強い基礎の作り方

濁流を耐えた「白い家」に見る、災害に強い基礎の作り方

濁流を耐えた「奇跡の家」。その堅牢ぶりが話題に

9月、関東・東北地方に大きな被害をもたらした豪雨。茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊し、多くの家屋が濁流にのみ込まれた。

そんななか、押し寄せる波をものともせず、そのままの形で残った一軒の家屋、通称「白い家」が話題を呼んでいる。

激しい水圧に耐えながら、流されてきた別の家をもガッチリ受け止めるという堅牢ぶり。その強さの秘密は、頑強な基礎づくりにあったという。

多くの賞賛を集めた白い家を例に、災害を耐え抜く基礎づくりの重要性について今一度考えてみたい。

 

続きはこちら -Yahoo!不動産-