メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

リフォーム  建材と工法  建築  

リフォーム vs 建て替え

リフォーム vs 建て替え持ち家の築年数が多く、大規模なリフォームが必要になった際に、リフォームか建て替えかで迷うことがあります。

その判断のポイントは構造の状態です。

例えば、リフォームした部分があと20年はもつとしても、構造が10年しかもたないのであれば、10年後に構造部分のリフォーム(補強)工事が必要となり、その後もモグラ叩きのようになって行きます。

鉄骨造やRC造などの長持ちする構造は、内装だけを何度もリフォームすることも可能ですが、木造の場合は構造の劣化が早く、大規模なリフォームをせざるを得なくなった際には構造もまず傷んでいると考えた方が無難です。

内装と構造をバランスよくリフォームし、双方の耐用年数を合わせることが重要ですが、そうなると費用もかさみ、どうせそれだけかけるならと、オールリフォームを検討することになるでしょう。

 

続きはこちら -まるわかり注文住宅-