メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建築  建築会社  

ベーシックな上棟式

ベーシックな上棟式

上棟式とは

上棟式とは、軸組工事の最後に棟木を上げる時に行う儀式で、建前(タテマエ)ともいいます。

そもそもは工事の無事を祈る儀式でしたが、今では大工さんたちの労をねぎらう意味合いが強く、神主さんにお願いせず、棟梁が式を取り仕切ります。

施主と工事関係者が今後の工事の安全を祈願し、「よい家をつくる」という思いを一つにする良い機会でもあります。

上棟式をやるかやらないかは、あくまでも施主の判断になります。上棟式を行う場合は事前に工務店と相談しましょう。