メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建材と工法  建築  

日本の伝統的住宅の12の基本的な特徴とは?

日本の伝統的住宅の12の基本的な特徴とは?日本で育ち、現在はロサンゼルスで暮らすアメリカ人ライターが、日本の伝統的住宅の基本的な特徴をなる12のポイントを解説します。あらためてなるほど、と思うこともあるかもしれません!

日本の家は、都市部でも田舎でも小さく、隣家との距離が近いのが一般的です。それでも、日本の住宅の伝統的なデザインには、家の大きさや立地を問わず、プライバシーを守り、自然光を取り入れ、風雨から家を守り、外の空気を感じさせるといった共通する工夫があります。

日本の都会で暮らす人々にとって、家族で暮らせる一戸建ての住宅の購入は簡単なことではありませんが、たとえ集合住宅でも、たいていは、浴槽や段差をつけた玄関の上り口などに、昔からの住宅の特徴をみることができます。また、西洋式の家でも、ひと部屋は畳のある和室を設けている家も多いものです。

伝統的な日本家屋の要素は、長年にわたり西洋の建築家にとってインスピレーションの源でもあり、世界中の建築に取り入れられてきました。以下に代表的な特徴をみていきましょう。

 

続きはこちら -houzz-