現存する日本最古の木造洋風建築「旧グラバー住宅」の不思議 | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建築  雑学  

現存する日本最古の木造洋風建築「旧グラバー住宅」の不思議

現存する日本最古の木造洋風建築「旧グラバー住宅」の不思議

2015年7月8日、世界文化遺産登録された「旧グラバー住宅」

2015年7月8日、政府が推薦していた「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録された。

長崎の通称「軍艦島」や静岡県伊豆の国市の「韮山反射炉」など、幕末から明治にかけての重工業施設を中心とした国内23施設が世界文化遺産へ登録されたが、その中に「旧グラバー住宅」がある。

スコットランド人の事業家であったトーマス・B・グラバーは、安政6年(1859年)の長崎開港直後に来日した。

グラバー商会を設立し、茶や絹の輸出と船舶・武器の輸入に従事し、倒幕側であった薩摩藩・長州藩だけでなく、実は幕府側とも関係が深かったと言われている。その後、明治44年(1911年)に没するまで日本で過ごしている。

旧グラバー住宅は、長崎市内の南山手の丘上の見晴らしのよい地に建つ現存する日本最古の木造洋風建築である。日本に西洋の先進技術を伝え、近代化に貢献したとされるグラバーの住宅であることで、明治日本近代化を象徴する住宅として評価されることも、世界文化遺産のリストに載った理由でもあるようだ。

今回、世界文化遺産のひとつとして登録された「旧グラバー住宅」について、学芸員の横山さんにお話を伺うことが出来た。

 

続きはこちら -HOME’S PRESS-