メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

建材と工法  建築  建築会社  

安い家、高い家

安い家、高い家注文住宅はそれぞれの建て主のご希望次第で安くも高くもなりますが、そのベースとなる値段は土地や建物の形状、前面道路などの様々な条件に影響を受けます。

もっとも基本となるポイントは、建物はシンプルな形であるほど安く建てることができ、複雑な形になればなるほど割高になるということです。

複雑になることによって表面積や工事手間が増え、同じ床面積でも材料費や工賃が加算されていきます。

また、構造としては木造が最も安く建てることができます。言い換えると、木造以外の構造が必要な部分が増えれば増えるほど、割高となります。

それらに影響を与える条件は以下の通りです。

 

続きはこちら -まるわかり注文住宅-