メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

家族  生活  

「もう無理…」介護に疲れ、つぶやく母 認知症の祖母が手紙を差し出す

「もう無理…」介護に疲れ、つぶやく母 認知症の祖母が手紙を差し出す私が大学に入学して一人暮らしをしてからの4年間、母は認知症の祖母の介護に明け暮れていました。

なのに私といえば大学が楽しくて、実家に帰るどころか、母に連絡すらしなかった日々。父が10年以上単身赴任しているということもあり、母は一人で祖母と接する毎日が続きます。

卒業後に実家に帰ってから聞いたのですが、このときの苦労は相当のものだったよう。母は祖母に「他人扱い」され、食事は食べず、物は壊し、謂れのないことで怒る。

「認知症であるから仕方がない」と、何とか頑張ろうとしたものの、精神が追いつかず、本当に気が病んでしまっていたと母は話します。

その話を聞いた時、私は大学で一人楽しんでいたのに、なぜそれに気づいて、母の支えになってあげられなかったんだろうと、強い後悔を覚えました。

そして同時に、それでも一人で支え続けた母は凄いな、と。

母は、今も、認知症の祖母を笑顔で介護しています。それができるのには、「一つの理由がある」と、ある時母が私に話してくれました。

 

続きはこちら -grape-