メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

トラブル  夫婦  子育て  家族  

手のひらに絵を描いた女性。すぐさま警察が出動したのは何故?

手のひらに絵を描いた女性。すぐさま警察が出動したのは何故?絶望的な状況にいた彼女はある日、ネットをと教え少し変わった運動について知ります。半信半疑ながらも彼女はすぐさま、この写真を撮ってソーシャルワーカー宛に送りました。すると次の日、玄関先には警察官が…。彼らはためらうことなく、彼女の夫をその場で逮捕しました。

4人の子どもがいる彼女。子ども達の父親であり、人生のパートナーであるはずの夫から殴られるなどのDV(ドメスティック・バイオレンス)を受けていました。この長い苦しみに終止符を打つきっかけとなったのは、あるイギリス人女性が始めた運動でした。自らがDV体験者である運動の創設者の女性は、DV被害者が無言でも誰かに助けを求める事ができる画期的な方法を思いついたのです。

DV被害者が手のひらに小さな黒い点を描くことで、1. 緊急時や危険な状態にいる場合に周りに無言で被害にあっていることを訴えることができる、2. 助けを必要としているのに声をあげられない犠牲者に周りが気づくことができる、というもの。迅速な警察への通報などによって最悪の状況を回避し、被害者たちのDVからの解放を目的としています。

DV被害者の多くは、恐怖から助けを求めることすらできない場合はあります。自分や子供達をさらなる危険さらすのではないか、という恐怖感が助けを求めることを妨げる場合や、世間の目や体裁を気にして通報出来ない、という現実もあります。「ブラックドットキャンペーン」と名付けられたこの運動を始めたイギリス人女性は、運動の創設にあたって匿名で「多くの人は助けを求められる相手を持っていません。彼らは無言のまま苦しんでいるのです。」と切実に訴えました。

この運動を通じて暴力夫から無事解放されたある女性は、「何千回もくり返して感謝の気持ち伝えたいです!手のひらに描いたただの小さな点が、私の人生を救ってくれました!」とその思いを語っていました。このシンプルかつ効果的な方法は、今広がり始めています。その中には女性だけでなく、多くの男性DV被害者も含まれています。

実に女性4人のうち1人が、人生の内で一度はDV被害を受けると言われ、その内の60%のケースは家庭内で発生しています。目を背けてはいけない恐ろしい事実です。

この話を友達とシェアして、被害者たちを支援するべくこの静かなる運動を広めましょう!ストップDV!

 

続きはこちら -イミシン-