メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

お金  トラブル  不動産  家族  相続  

【連載】遺言の功罪

【連載】遺言の功罪

前2回は遺産の分け方についてポイントを解説した。

いずれの方法にしても、どのように分けるかは相続人の間で話し合うことが必要だ。

特に不動産のように分けづらく評価が難しい財産がある場合、ましてや財産の殆どが不動産の場合は分け方を巡って争いになることもしばしばである。

このような相続人間の遺産分割争いを回避するために、故人の遺志によって生前に財産の分け方を指定する「遺言」という法的手続きが存在する。

今回は複数の子が相続人の場合の遺言について考察してみたい。

 

続きはこちら -HOME’S PRESS-