豪雨。そのとき家族・財産を守るためにどうするのかを防災士に聞く | 家ニュー

メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

トラブル  家族  災害  生活  

豪雨。そのとき家族・財産を守るためにどうするのかを防災士に聞く

豪雨。そのとき家族・財産を守るためにどうするのかを防災士に聞く災害をもたらす豪雨は確実に増えている
近年、豪雨に見舞われる頻度が増えていると誰もが感じているのではないだろうか。

実際に気象庁のデータを確認すると、東京都で1990年から1999年の10年間に1時間当たりの最大雨量が50㎜を超えた年は2回なのに対し、2000年から2009年の10年間では6回。

1時間当たり50㎜以上といえば滝のように降り、土石流の危険が発生するレベルだ。やはり豪雨は確実に増えている。

8月20日に広島県広島市で発生した豪雨による土砂災害は、たくさんの犠牲者を出し、全壊24棟、床下浸水207棟(2014年9月8日現在。内閣府調べ)の大災害となった。

豪雨から家族や財産を守るためにするべきことは何か。NPO法人日本防災士会常任理事 橋本茂氏にお聞きした。

 

続きはこちら -HOME’S PRESS-