メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

お金  不動産  家族  

実家の親が認知症。その時、不動産の売却はどうすればいい?(1)

実家の親が認知症。その時、不動産の売却はどうすればいい?(1)65歳以上の国民の7人に1人が患うといわれる認知症。

認知症と診断された人の財産管理を担い、売却等の法律行為を本人に代わって行うために「成年後見制度」というものがある。

親の住む住宅を売却することになったふたつの実例の中から、知っておきたいポイントなどを、実務経験の豊富な司法書士 武田十三さんに伺った。

 

続きはこちら -スーモジャーナル-