メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

子育て  家族  建築  

子どもはいつだって好奇心旺盛。だから住まいには「楽しさ」も「安全」も大切!

子どもはいつだって好奇心旺盛。だから住まいには「楽しさ」も「安全」も大切!乳・幼児期から児童期の子どもは、いつだって好奇心旺盛。

それは、自ら生きる力を身につけるために、とても大切なことなのです。

いろんな遊びや体験を通して平衡感覚や手先の器用さ、走る・跳ぶなどの身体力を発達させます。

そればかりか、想像力などの知性、友だちやきょうだいへの思いやりなどの社会性も、さまざまな体験・経験によって発達させていくものです。

住まいは、そんな子どもの発達を支える「大切な体験・経験の場」という役割を担っているのです。子どもは全身を使って遊ぶことで、成長するんです!

 

続きはこちら -すまい・すまいる-