メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

ライフスタイル  移住  街・地域  

築100年の古民家で自給的な暮らしを目指し、土地の恵みでピザをつくる

築100年の古民家で自給的な暮らしを目指し、土地の恵みでピザをつくる初めての土地に迷いながら里山の一本道を進み、小高い丘を目指した。

「本当にこの道であってる?」
「多分……ほら、あそこの家じゃない?  煙突が見えるよ!」

丘の上に建つ、一軒の小さな古民家。軒先で走り回る子どもたち、煙突からモクモクと立ち上る白い煙。そう、ここが僕らの目指していた店「yusan pizza」だ。

家族5人で大阪から徳島県・神山町に移住した塩田ルカさん夫妻が、築100年の古民家を改装して開いたこの店。地元の無農薬・有機野菜を使い、石窯で焼き上げるピザは「とにかくおいしいから」と口コミで評判に。昨年7月のオープンからまだ1年も経っていないけれど、昼どきはいつも予約でいっぱいだ。

「都会にはもっとおいしい店たくさんあるでしょう?」なんて、謙遜気味に語る塩田さんだけど、この味は都会でもそうそう出会えるものじゃないと思う。1枚のピザに、土地の恵みがぎゅっと凝縮しているような、そんな感じ。

自給的な暮らしを目指して移住し、ピザを焼きながら、ときには農業も。仕事をしながら3人の子育てに追われる田舎暮らしは「思っていたよりも忙しい」。現在35歳。塩田さんが都会の暮らしを離れてこの町に導かれていった理由、今の暮らしの先に目指していることを聞いた。

 

続きはこちら -雛形-