メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

健康  

最近よく見かける「酵素」って健康に良いの?

最近よく見かける「酵素」って健康に良いの?◆雑誌の記事やドラッグストアでも目にする酵素
このところ健康関連の情報に「酵素」という文字をよく見かけます。先日、ドラッグストアに入ったところ、酵素が摂れることをうたったサプリメントを紹介するコーナーが作られていて、現代人では不足しがちな栄養素である酵素という大きなPOP付きの宣伝がされておりました。

また、雑誌などをめくると「朝の生ジュースでたっぷり酵素をとりましょう」、「加工食品の摂り過ぎで酵素不足になる」というような酵素を特集した記事も目にすることが増えているように思います。

これだけ酵素が推されていると、いままで酵素のことを気にしたことがなかった人でも、もしかすると私も酵素不足かも?と心配になってしまうかも知れません。

今回は、酵素は食べないと不足するのか、そもそも酵素って何なの?という基本的な疑問について簡単に説明してみようと思います。

◆酵素は栄養素?
酵素というものはありとあらゆる生き物があらゆる生命活動を行うためには不可欠なものです。呼吸をしてエネルギーをつくることや、食べた物を消化吸収し、それを元に筋肉や血液をつくるのも酵素がなければ成り立ちません。そんな大事なものが不足してしまうとすればそれは大変なことでしょう。

不足してしまう酵素なら食べものから補う必要があると考えたのがアメリカの医師エドワード・ハウエルです。最近みかける酵素の話の多くは彼の提唱した「酵素栄養学」が元になっていると考えられますが、日本で酵素を食べるという話が広まってきたのは新谷弘実医師のベストセラー内で酵素を食べて補う必要があると書いたことが影響していると考えられます。

酵素栄養学の主張を簡単にまとめてみると次のようになります。
・身体には全ての酵素の元となる潜在酵素というものがあり、あらかじめ決められた量をもって生まれてくる。

・酵素はたんなる触媒(化学反応を進めやすくする働きを持つ物質)ではなく生命元素というエネルギーを充電したタンパク質である。

・潜在酵素がなくなれば生命活動を行うために必要な酵素もつくられなくなるので消化酵素を節約することで寿命が伸び、病気を防ぐ事が出来る。

・酵素を節約するために酵素が含まれている生の食べもので補充するとよい。加熱した食べものには酵素はないので消化酵素を余計に消費してしまう。

なるほど、はじめから決められた量しかないので節約しないと長生きできない、なので生の食べものから酵素をとりましょう、という理屈のようです。一見もっともらしく感じてしまいますが、この中にはおかしな部分がいくつもありますので一つずつ説明しましょう。

 

続きはこちら -Yahooニュース-