メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

健康  

無線LAN(Wi-Fi)による人体の影響で変化する現代人たち

無線LAN(Wi-Fi)による人体の影響で変化する現代人たち1997年頃から普及し始めたWi-Fiは、今ではスマホやPC利用で必須となりました。カフェやホテル、空港などに無料Wi-Fiが設置されて気軽に通信でき、便利な通信環境が至る所にできています。

また、こうした無線LANの台頭で自宅でもiPadのようなタブレット型の端末で気軽にインターネットや映像を楽しむ家が増えてきています。

調査によると2015年は全体で54.3%がWi-Fiなどの無線LANを自宅で利用しているそうです。国民の半数以上が家でもずっと使っているんですね。

よくよく考えると朝から晩までWi-Fiの電波がいたるところを飛んでいて、その中でずっと生活しているんですよね。つまり電波シグナルの強弱こそあれど、一日中体に無線LANの電波があたっていることになるんですね。

これだけ普及したWi-Fiから発信する電波の人体への影響はどうなのか気になったことありませんか?携帯電話の通話で発する電磁波は相当なもので危険視されていますが、同じく無線LANの電波による健康への影響ってどうなってるんでしょうか?

 

続きはこちら -新発見。BLOG-