メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

不動産  

住まいの選択肢を広げる、ソニー不動産の狙いとは?

住まいの選択肢を広げる、ソニー不動産の狙いとは?不動産業界で、いろいろ仕掛けている不動産会社があります。ソニー(株)が設立した「ソニー不動産」です。

不動産業界の既存のビジネスモデルとは違う、新しいビジネスモデルを次々と導入して注目されていますが、どんな仕掛けをしているのか?それはなぜか?、キーマンに取材しました。

ソニーの新規事業としてソニー不動産が立ち上がり、営業を開始したのは2014年8月のこと。長く続いてきた不動産業界の既存のビジネスモデルと異なる、新しいサービスの提供で大いに注目されました。

2015年7月には、Yahoo! JAPANと提携し、最初の取り組みとして不動産の所有者が自らマンションをマーケットに売り出せるプラットフォームを開発すると発表しました。同じく7月に、オンラインストアAmazon.co.jpの「リフォームストア」に出店し、工事費込みのリフォームパッケージ商品の提供を開始しています。

次々と不動産業界に新しい取り組みを仕掛けるソニー不動産ですが、それによってユーザーにどんな選択肢が広がるのでしょうか?不動産業界は変わるのでしょうか?

 

続きはこちら -All About-