メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

不動産  

不動産の仲介手数料について考えてみる

不動産の仲介手数料について考えてみる

売買契約の仲介手数料は「3%+6万円」が上限

不動産会社の「媒介によって」契約が成立すれば、依頼者(売主、買主、貸主、借主)は一定の手数料を支払うことになる。

法律的な表現をすれば「媒介報酬」であり「媒介手数料」と表現される場合もあるが、一般的には「仲介手数料」と言われることが多いだろう。

住宅など不動産の仲介を取扱う不動産会社にとって主な収入源となる仲介手数料だが、その授受をめぐってさまざまな問題が生じることもある。仲介手数料の基本的なポイントを踏まえながら、現状や課題について考えてみたい。

 

続きはこちら -HOME’S PRESS-