メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

DIY  技術  

ミニ四駆「エアロ アバンテ」が本物のクルマに 最高速度は180km/h!

ミニ四駆「エアロ アバンテ」が本物のクルマに 最高速度は180km/h!

なぜEV(電気自動車)にしなかった?

手頃な価格とラインナップの多さ、そして競技性の高さから、1980年代後半と1990年代後半には社会現象的なブームにまでなった、乾電池で動くプラスチックモデル「ミニ四駆」。

現在では「最小モータースポーツ」とまで呼ばれているほか、20~30代や親子層を中心に人気が再燃。大人も楽める「ミニ四駆バー」なるものまで誕生しています。

「『ミニ四駆』が本物のクルマのサイズになったら……」

そのファンなら、誰もが一度は思いを巡らせた夢でしょう。この夢が2015年10月18日(日)、ついに実現しました。

動力源は、あえてガソリンエンジンがチョイスされています。「電池で動く『ミニ四駆』なのだから、EV(電気自動車)が良いのでは?」という意見もあったそうですが、「ミニ四駆」そのものが本物のレーシングカーを模型化したものなので、ガソリンエンジンにこだわったとのこと。また、疾走時におけるサウンドの迫力も考慮したといいます。

レーシングカーのプロが製作、最高速度は180km/h!

この実車サイズ『ミニ四駆』、シャーシもボディも完全な1点もの。実物のレーシングカー設計・製作のプロが、細部のディテールにまでこだわりぬいて製作したといいます。

ボディデザインは、130車種以上ある「ミニ四駆」シリーズのなかでも高い人気を誇る「エアロ アバンテ」仕様。その複雑な形状をFRPとカーボンファイバーで忠実に再現し、ウレタン塗装で仕上げています。特徴的なキャノピー(風防)は、バキュームのポリカーボネート製です。製作期間は6ヶ月。最高速度は、なんと180km/hとのことです。

 

続きはこちら -Yahooニュース-