メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

災害  

太平洋沿岸など津波注意報=北海道から沖縄、最大1メートル予想-チリ地震で気象庁

太平洋沿岸など津波注意報=北海道から沖縄、最大1メートル予想-チリ地震で気象庁気象庁は18日午前3時、南米チリ沖で17日朝に発生したマグニチュード8.3の地震による津波が18日早朝から到達するとして、北海道から沖縄にかけての太平洋沿岸などに津波注意報を発表した。津波の高さは最大で1メートルと予想される。

気象庁によると、午前6時11分に父島で微弱の津波が観測され、その後岩手県の久慈港で0.3メートル、北海道浜中町で0.1メートルなどが観測された。

北海道・東北以外の津波第1波の到達予想時刻は、関東が5時半から6時ごろ、東海が6時半ごろ、四国が7時ごろ、沖縄が7時半から8時ごろ。

気象庁の長谷川洋平地震津波監視課長は記者会見で、「海の中や海岸付近は危険なので離れてほしい。第1波から数時間たって大きい津波が来ることがある」と呼び掛けた。各地の沿岸地域では、避難指示・勧告が出された。

 

続きはこちら -アメーバニュース-