メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

保険  災害  

床上浸水に床下浸水…水害で火災保険は支払われる?

床上浸水に床下浸水…水害で火災保険は支払われる?集中豪雨(ゲリラ豪雨)や台風などによって発生する水害(水災)。火災保険のタイプによっては、水害が保険金支払いの対象にならなかったり、保険金の支払いに所定の条件があったりします。火災保険で水害がどう補償されるかを解説します。

ゲリラ豪雨や台風などで被害が発生したら、火災保険の補償対象になる?

集中豪雨(ゲリラ豪雨)や大雨、台風などによる水害の被害は全国各地で起こりえます。地域によっては、毎年のように水害の被害に遭うところもあるでしょう。

集中豪雨などによる被害は、次の2パターンがあります。

・空から降ってくる雨や風が原因となるもの
・雨が降った結果、川の氾濫や増水などによって被害を受けるもの

一方、火災保険においては、台風、暴風雨、豪雨等による洪水、高潮、土砂崩れ等による被害が補償の対象とされています。洪水や高潮などは想像がつくと思いますが、土砂崩れもその範疇に入っているのは意外と思う人もいるでしょう。

今回は、集中豪雨や台風などによる水害(水災)と火災保険の補償について考えてみたいと思います。

 

続きはこちら -All About-