メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

災害  

2015年 今年の夏はゲリラ雷雨、局地的豪雨が頻発する!?

今年の夏はゲリラ雷雨、局地的豪雨が頻発する!?

住宅被害を伴う記録的な大雨が増加している

ゲリラ雷雨、ゲリラ豪雨、局地的豪雨、短時間強雨などさまざまな表現が用いられる大雨が多く観測されるようになている。

この大雨が長時間続けば「集中豪雨」だが、住宅被害を伴う例も少なくない。2014年8月に起きた広島市での土砂災害はまだ記憶に新しいだろうが、安佐北区では1時間に101ミリの雨が降ったようだ。

気象庁では1時間雨量が30ミリ以上50ミリ未満を「激しい雨」、50ミリ以上80ミリ未満を「非常に激しい雨」、80ミリ以上を「猛烈な雨」としているが、一般的に「山崩れや崖崩れが起きやすくなり、危険地帯では避難の準備が必要」とされているのが30ミリ以上だ。

100ミリを超える雨量なら、いかに危険性が高いか分かるだろう。

 

続きはこちら -Yahoo!不動産-