メニュー

気になるニュース

「家ニュー」編集室

欠陥住宅  

マスコミの皆さん、建築物の欠陥が疑われる場合、最初に取材すべき相手は「工事監理者」と呼ばれる人です。

マスコミの皆さん、建築物の欠陥が疑われる場合、最初に取材すべき相手は「工事監理者」と呼ばれる人です。マスコミの皆さん、建築物の欠陥が疑われる場合、最初に取材すべき相手は「工事監理者」と呼ばれる人です。

工事監理とは、建築士法で「その者の責任において、工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかいないかを確認すること」だと定められています。

 

続きはこちら -Twitter-